銀座近視クリニックのレーシックについて:トップ > レーシック手術のデメリット
銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!

レーシック手術のデメリットとは?

簡単な手術で即座に視力回復できると、レーシック手術はメリットばかりに目がいきます。
ところでレーシック手術にデメリットはないのでしょうか。
一生に一度(大半の人にとっては)の大手術を受けるに当たり、良いも悪いも、しっかりと含みおいた上で臨みたいものです。

現在では、視力回復の主役となるレーザー機器も技術革新が進み、それを扱う医師の技術力も日進月歩で進歩しています。
それでも、施術者の未熟などにより、目の角膜へのエキシマレーザー照射が不均一になると、乱視になるケースもあります。
ただ、高度なレーザー機器になると、ほとんどが自動になっており、失敗のリスクは限りなく小さいようです。
ということで、レーシック手術を受けるに当たり、医師の質やレーザー機器など、クリニック選びが最重要といっても過言ではありません。

レーシックのデメリット、高額な費用も?

以前と比較すれば、成功率は確かに向上してはいますが、まれに、レーシック手術後に不具合を訴えるケースもあります。
例えば、夜間のライトがまぶしき感じられるハロ、コンタクトレンズの利用者にはドライアイになるなど、デメリットも散見されます。
また、そもそもレーシック手術が受けられない人がいるのも、デメリットのひとつでしょう。
手術はレーザーで角膜を削るので、生来的に角膜には、一定以上の厚さが必要とされます。
年齢の点でも、成長期の子どもでは手術しても近視が進行するため手術が無駄になり、老眼に対しては手術しても効果が見込めないのも、デメリットです。

費用の点でも、レーシック手術は、国民健康保険が適用されず、しかも特殊なレーザー機器を使うこともあり、高額に上るのが一般的。
費用が高いというのをデメリットに感じる向きも多いものです。
もっとも、民間の医療保険などでは、手術費用も給付の対象するプランもあり、運が良ければ、負担は多少は軽減されます。

銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!
IT用語