トップ > レーシック手術 無料適応検査 > 無料適応検査で対象外とされるケースとは?

無料適応検査で対象外とされるケースとは?

銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!

年齢は、手術の可否を決める重要な目安です。
成長期にある子どもは、視力を回復させても近視は進行を続けるので、手術が無駄になります。
レーシック手術は、角膜にエキシマレーザーを照射し、屈折率を変えて視力を回復させます。
従って、老眼は、目の水晶体に柔軟性がなくなり、調節機能が失われるのが原因であるため、原則として、手術の対象外となります。
それでも個人差はあるもので、無料適応検査で見込みありと判断されれば、手術が可能となるケースもあります。

また、原理的に、レーシック手術は、角膜を削る手術方法です。
従って、角膜の厚さが標準以下であれば、手術が受けられません。
無料適応検査の結果、10人に1人の割合で対象外と判定されるとのことです。
無料適応検査で手術可能と判定されたら、次は術式を選択することになります。
それによって費用が高い、安いの違いが生じます。

銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!
レーシック手術 無料適応検査

前の記事 | 

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語