銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!

レーシック手術の年齢制限とは?

入院は不要、簡単な手術ですぐに視力回復といったメリットが評判を呼び、レーシック手術は、日本でもその認知度を高めています。
ただし、その恩恵は誰にでも受けられる訳ではなく、年齢は、特に重要なファクターとなります。

大ざっぱに言って、レーシック手術を受けられる年齢層は、20歳から60歳とされています。
必ずしも、これ以上でも以下でもダメという訳ではありませんが、手術しても良いか、年齢は多くのクリニックで目安として考慮されています。

子どもが手術を受けられないというのは、成長期にあるのが原因です。
手術で視力が回復しても、視力は安定することなく、近視はその後も進行するので、結局、無駄になってしまうのが大半なのです。
もっとも、個人差もあるもので、事前の検査を行い医師が手術しても大丈夫と判断すれば、レーシック手術が受けられるケースもあります。

レーシック手術、高齢者は注意が必要

中高年齢層に対しては、別の要因が足かせとなります。
レーシック手術は、原理的に角膜にエキシマレーザーを照射する視力回復方法です。
老眼は、加齢により目の水晶体に柔軟性が失われるのも,一つの原因であり、手術をしても視力回復にはつながらない結果に終わるのが大半です。
白内障などが原因であれば、視力回復以前に専門の治療が必要となります。
人によっては、年齢が高くとも目は若いというケースもあり、医師が見込みありと判断すれば、手術が可能となるケースも散見されるようです。
また、年齢的にはクリアしていても、体質などにより、レーシック手術が受けられないケースもあります。
特に、手術の性質上、目の角膜は一定以上の厚さを必要とし、標準よりも薄ければ、手術の対象外となります。

銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!
IT用語