銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!

レーシック手術とは安心安全な視力回復手術

簡単な手術で視力回復できると、レーシックもすっかり一般にも認知されています。
有名人も多数、これで視力回復したと評判になり、注目度も大です。
それでも、レーシック手術とは何なのかと突然聞かれれば、即答できるのは、そうはいないと推察されます。
レーシック手術とは、簡単に言えば、特殊なレーザー機器を駆使し、角膜にレーザーを照射して視力矯正を図る方法です。
手術に当たり、最初に眼球に麻酔薬として点眼薬をさします。
そこへ作業用のフラップ(蓋)を作り、それをめくってエキシマレーザーを照射し、作業後にフラップを元の位置に戻して、手術完了です。

レーシック、手術時間は30分程度

所要時間は、片目が15分程度で、両眼合わせても30分位です。
手術後は、15分から30分ほど休息を取り、元に戻したフラップがずれないよう固定させます。
実際に手術を受けてみると、あっけないほど早く終わったように感じられ、レーシック手術とは何と手軽なのだとの体験談も多数に上ります。

レーシック手術とは、原理的に角膜を削り、屈折率を変化させ視力を矯正するので、体質的に角膜の厚さが薄い人は、手術を受けることができません。
また、成長期にある子どもは手術しても近視は進行するので、これまた対象外となります。
目の水晶体に柔軟性が失われてくる中高年層も、原則的に手術対象外とされます。
手術希望者には、事前に無料で適応検査を実施するクリニックも多く、高額の手術費用を無駄にならないよう配慮されています。
そうはいっても、レーシック手術とは、概して成功率の高い視力回復方法です。
98%以上が、一気に1.0以上に視力が回復した実績は、まさしく技術革新の賜物です。

銀座近視クリニックSBC新宿近視クリニックと提携しました。
オリコン総合上位の顧客満足度を誇る世界レベルのレーシックが銀座・新宿・横浜・大阪で受けられます。
今すぐ見る詳細情報はこちら!
IT用語